乾燥肌・かゆみから
石鹸で肌を守る
 乾燥肌・かゆみから
化粧水で肌を守る
 プラセンタで
潤いのある肌になる
     
リペアLP.jpg
⇒エイジングリペア
公式ページへ

顔・肌の乾燥・かゆみを防ぐ日焼け止め選びのポイント

前回記事:知っておくべき紫外線対策のための基礎知識では
紫外線の種類と、日焼け止めの紫外線対策の指標をまとめました。

⇒知らなきゃヤバい!紫外線対策の基礎知識


あとは、あなたの状況によって選んでいただくだけなのですが、
日焼け止めには肌にダメージを与えるものも多いので
それも踏まえた選び方のポイントをまとめます。



≪日焼け止めのタイプ≫

吸収剤 拡散剤.jpg


1.紫外線吸収剤

  ⇒紫外線のエネルギーを吸収材が熱などの他のエネルギーに変換させることにより
   肌への紫外線の影響を防ぐタイプのもの。

   これは肌へのダメージが大きく、
   肌荒れや乾燥肌・かゆみの原因になります。

   なので、このタイプは使用しない方がいいです。


2.紫外線散乱剤

  ⇒紫外線を肌表面で乱反射させて逃がすことにより、
   肌への紫外線の影響を防ぐタイプのもの。
   
   吸収材に比べると肌へのダメージは少ないですが、
   長時間使用すると乾燥肌に繋がるので長時間使用は控えましょう。




≪日焼け止めを選ぶポイント≫


1.できる限り紫外線吸収剤不使用のもの(ノンケミカルと表示があるもの)を使う。
ノンケミカル.jpg

2.外に長い時間いる場合はSPF値の高いものを使用しましょう。
  ただ、日常生活ならPA+++を選ばなくてもPA++で十分です。

3.リゾート地など紫外線が強いところに行く際はSPF値が高くPA+++を選ぶ。
  サングラスや日傘も忘れずに!

4.日焼け止めを使用したら、必ずクレンジングで落とすこと。
  洗顔だけだと日焼け止めが肌に残り、乾燥肌・かゆみの原因になります。


基本的に、効果が強いものは肌へのダメージも大きいです。

状況に適したものを選択し、
紫外線からは肌を守り、日焼け止めからはダメージを最小限にしましょう。



>前の記事:知っておくべき紫外線対策のための基礎知識

>>>当ブログ顔・肌の乾燥対策で乾燥肌・かゆみを防止する方法のTOPへ戻る
posted by 平井 菜々美 at 20:51 | Comment(0) | 顔・肌の乾燥・かゆみを防止する紫外線対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。