乾燥肌・かゆみから
石鹸で肌を守る
 乾燥肌・かゆみから
化粧水で肌を守る
 プラセンタで
潤いのある肌になる
     
リペアLP.jpg
⇒エイジングリペア
公式ページへ

顔・肌の乾燥対策で乾燥肌・かゆみを防止する化粧水のつけ方

前回記事の乾燥肌・かゆみを防止する洗顔後のスキンケアでは
その方法と流れについて触れました。

⇒顔・肌の乾燥対策で乾燥肌・かゆみを防止する洗顔後のスキンケア


今回はそれに続いて、
顔・肌の乾燥対策で乾燥肌・かゆみを防止する化粧水のつけ方です。


化粧水のつけ方は
コットン・手のひらの2種類あるので
あなたの肌に合わせて選びましょう。

ここでは、それぞれの正しい方法をお伝えしますね。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

≪コットンで化粧水をつける方法≫

1.たっぷりの化粧水をコットンに浸み込ませる
  −コットンが十分濡れていないと、
   逆に肌の水分をコットンが吸い取ってしまうので
   コットンがヒタヒタになるまで化粧水を使うようにしましょう。
コットン.jpg



2.化粧水を顔全体にやさしく広げていく
  −頬や額⇒鼻⇒あごの順でつけましょう。
   コットンでゴシゴシすると肌にダメージを与えるので注意。
コットン顔.jpg



3.パッティングは顔の下から上へ
  −年齢の2〜3倍の回数を目安に行うといいでしょう。
   強すぎる・回数が多すぎると毛細血管が破壊されるので
   赤ら顔の原因となります。要注意。
   やさしく丁寧にやりましょう。

   また、化粧水が減ってきたら
   ケチらずに少量でいいので化粧水を足しましょう。
パッティング.jpg

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

≪手のひらで化粧水をつける方法≫

1.適量の化粧水を手にとる
  −目安は10円玉くらい。
手に取る.jpg


2.手のひらで顔全体に化粧水をなじませる
なじませる.jpg


3.化粧水が顔全体に馴染んだら、もう一度化粧水を手にとる
手に取る.jpg


4.鼻の下・小鼻・目元などに化粧水を指でつけていく

細かいとこ.jpg

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


2つの方法とも
最後に手の甲を頬に当て、
肌がひんやりしていたら終わりです。


それで、コットンか手のひらか
どちらか決める際に知っておくべきなのが
それぞれの特徴。

それを理解した上で
あなたの肌に合わせて選べばOKです。


それどれの特徴は・・・

≪コットンで化粧水をつける方法≫
 ⇒コットンによる肌への刺激が多少あるが、均等に化粧水を入れることができる。
  コットンからの刺激程度なら耐えられる肌の方向け

≪手のひらで化粧水をつける方法≫
 ⇒肌への刺激が少ないので、肌荒れのある方・肌の弱い方向け



あとは、化粧水にも
コットン用・手のひら用とつけ方が決まっているものもありますので
確認してから買うようにしましょう。



>>前の記事:顔・肌の乾燥対策で乾燥肌・かゆみを防止する洗顔後のスキンケア

>>次の記事:乾燥肌を加速させる使ってはいけない化粧水

>>>当ブログ顔・肌の乾燥対策で乾燥肌・かゆみを防止する方法のTOPへ戻る
posted by 平井 菜々美 at 19:52 | Comment(0) | 乾燥肌・かゆみを防ぐ化粧水の正しい使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。