乾燥肌・かゆみから
石鹸で肌を守る
 乾燥肌・かゆみから
化粧水で肌を守る
 プラセンタで
潤いのある肌になる
     
リペアLP.jpg
⇒エイジングリペア
公式ページへ

乾燥肌を防いで若さを維持する3つの習慣

顔の乾燥肌対策に
スキンケアやサプリメントで対応したら
次は体全体の乾燥対策ですね。

⇒顔の乾燥肌を防ぐ正しい洗顔方法

⇒顔の乾燥肌対策にプラセンタが有効


どうしても秋冬は
空気が乾燥するので肌の潤いが無くなり
かゆみが出たり、粉を吹いてしまったり・・・

⇒顔・肌の乾燥肌・かゆみの原因


なので今回は体の乾燥肌・かゆみを防止する
3つの習慣をご紹介します。



【1.ワセリンを使ったボディケア】


空気が乾燥している時期に
炊事や洗濯など水を使った家事や仕事をすると
どうしても手がガサガサになってしまいます。


それを防ぐにはワセリンを塗りましょう!
より効果的に乾燥対策を行うなら、
■手に薄くワセリンを塗って、薄手の綿の手袋をして寝る
■足にたっぷりワセリンを塗って、靴下をはいて寝る

と良いでしょう。



【2.天然素材の服やタオルを選ぶ】


肌のかゆみの原因の1つとして
タオルや衣類の素材からの刺激があります。
特に化学繊維を使ったものや
チクチクする素材を使ったものは避け、
天然素材を使ったものを選びましょう。


特に下着は肌に直接触れるので
綿やシルクを選ぶと良いです。



衣類のゴムなどによる締め付けも
かゆみの原因となることがあるので
寝るときは締め付けられないような服装で寝ましょう。
変に新しいものよりも
ゴムが伸びきったボロボロのスウェットの方がいいんです(笑)



【3.乾燥対策になるビタミンを摂る】


かゆみや乾燥肌を防止するには
体の内側からのケアも大切です。
特にビタミンを摂ることが
乾燥肌を防ぐ
ことに繋がります。


ビタミンそれぞれの効果を見ていくと


・ビタミンA

効果:肌の潤いを維持する
含まれる食材:海藻・にんじん・かぼちゃ・卵


・ビタミンB

効果:肌の乾燥が原因の炎症を抑える
含まれる食材:豚肉・レバー


・ビタミンC

効果:肌のコラーゲン生成を助ける
含まれる食材:果物


さらにビタミンはどれか1つだけではなく
バランスよく摂り入れることで
より吸収が高まり効果が高くなります。



また、吸収できなかった分は
すぐに体の外に排出されてしまうので
一気に取るのではなく、
必要な分をこまめに取ることが大事!




以上が、体の乾燥肌・かゆみを防止する
3つの習慣でした。


簡単に実践できるものばかりです。
たったこれだけで若い肌が維持できるのですから
今すぐ生活に取り入れましょう!



>前の記事:顔・肌の乾燥に効く乾物

>>次の記事:赤ちゃんも乾燥肌になっちゃうんだって!!入浴で!!

>>>当ブログ顔・肌の乾燥対策で乾燥肌・かゆみを防止する方法のTOPへ戻る
posted by 平井 菜々美 at 23:52 | Comment(0) | 特注美容ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。