乾燥肌・かゆみから
石鹸で肌を守る
 乾燥肌・かゆみから
化粧水で肌を守る
 プラセンタで
潤いのある肌になる
     
リペアLP.jpg
⇒エイジングリペア
公式ページへ

夏の肌のかゆみ|あせもの原因とは

N695_klumototaiyounohizasi.jpg

夏に起きる肌のかゆみの原因と言えばあせも!
汗をかくと蒸れてできてしまう厄介なものですが、
子供だけでなく最近は大人でもあせもになる人が増加傾向


夏も肌のかゆみから逃れられるよう
あせもの対策もしっかりしておきましょう。
今回はあせもの主な原因です。


あせもは皮膚に赤くて小さいできものができる症状です。
いくつか種類があり赤いあせもは紅色汗疹と言います。
とてもかゆいもので
できると落ち着きがなくなるくらいです。
たくさん汗をかき、
しかも洋服などで肌がむれたときによくおこります。


また、汗の刺激でかゆみが起こった場合もあせもと呼びます。
特に夏によく起こることで有名です。
汗が皮膚の中にたまると、
皮膚の下の汗管という管状の腺から、
じわじわ周りの組織に汗が漏れます。
その影響で炎症が起こったり赤いできものができるのです。


夏にはわきの下や下着で締め付けられたところがかゆくなります。
これもあせもであるといえます。
あせもは赤ちゃんや子供に多いと思われていますが、
最近は高温多湿である気候に加え、
クールビズでエアコンの設定を高くするため、
大人にも増加しています。



また、夏でなくても、
かぜをひいて汗がたくさん出るようなときにもあせもができます。


あせも対策には、
まずはよく風呂に入るなど汗を落とすこと
が必要です。
昔は風呂上りにシッカロールという
てんかふんを子供の頃はつけてもらっていました。
今では汗止めのローションがあるのでつけてみてもよいでしょう。


かゆくなって大変なのが陰部です。
専用の塗り薬もありますが、
なるべく早く皮膚科で診てもらい、
きちんと薬をもらいましょう。


わきの下のかゆみには市販のかゆみ止めをつけるのが一番です。
虫刺されとあせものどちらにも効きます。
体をかくのは良くないです。
雑菌が入り、化膿してしまうからです。


事前にあせもにならないように対策をしておきましょう。



>>>当ブログ顔・肌の乾燥対策で乾燥肌・かゆみを防止する方法のTOPへ戻る
posted by 平井 菜々美 at 12:25 | Comment(0) | あせもと肌のかゆみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。