乾燥肌・かゆみから
石鹸で肌を守る
 乾燥肌・かゆみから
化粧水で肌を守る
 プラセンタで
潤いのある肌になる
     
リペアLP.jpg
⇒エイジングリペア
公式ページへ

本当に保湿効果の高い化粧水の選び方

化粧水をつける女性.jpg

顔の乾燥やかゆみを防ぐには
保湿力の高い化粧水が必要ですが
あなたはどうやって化粧水を選んでいますか?


単純に
「保湿力が高いって書いてあったから」
という理由で選んでしまうと
本当に保湿効果が高いものを
選べていないかもしれません。


今回は本当に保湿効果の高い化粧水の選び方をお伝えします。



【1.3種類の保湿成分が含まれていること】

保湿成分と一言で言っても
実は3種類あってそれぞれ効果が違います。

3種類の保湿成分とは・・・
■空気に含まれる水分を吸着する保湿成分
■角質層に浸透し水分を留める保湿成分
■肌に浸透せず表面で水分を留める保湿成分


これら3種類の保湿成分がすべて含まれているのが
もっとも保湿効果が高い化粧水なのです。



それぞれの代表的な成分は以下の通り。

■空気に含まれる水分を吸着する保湿成分
・グリセリン
・アミノ酸

■角質層に浸透し水分を留める保湿成分
・コラーゲン
・ヒアルロン酸
・エラスチン

■肌に浸透せず表面で水分を留める保湿成分
・セラミド
・リピジュア


これらの成分がすべて含まれているか確認してから
化粧水を選ぶようにしましょう。

⇒本当に保湿効果が高いオススメ化粧水


保湿効果が高い・保湿成分がたっぷりと言っていても
1種類もしくは2種類の保湿成分しか
含まれていない商品も多くあります。
それだと乾燥やかゆみが治りにくいので注意しましょう。



【2.アルコールが含まれていないこと】

使ってはいけない化粧水でもお伝えしましたが、
アルコールは肌の乾燥を進めてしまいます。

⇒乾燥肌を加速させる使ってはいけない化粧水とは


なので、絶対にアルコールが含まれていないことは
成分表示を見て確認しておきましょう。



【3.肌に刺激のある成分が使われていない】

化粧品の成分の中には
肌に刺激を与えてしまう成分があります。
それらはかゆみを誘発するので
できる限り避けるようにしましょう。


肌の刺激のある成分とは・・・
■石油系合成界面活性剤
■合成保存料
■パラベン・防腐剤
■香料
■着色料
■鉱物油

などです。


化粧水やクリームの中には
上記の成分を使って
敢えて肌のバリア機能を壊して
通常では肌に浸透しない美容成分を
無理矢理浸透させているものもあります。


そういったものを使うと
刺激でかゆみを感じやすくなるので注意しましょう。




以上が本当に保湿効果の高い化粧水の選び方です。
成分をあなた自身でしっかり確認することが大切ですよ。




>>>当ブログ顔・肌の乾燥対策で乾燥肌・かゆみを防止する方法のTOPへ戻る
posted by 平井 菜々美 at 10:14 | Comment(0) | 化粧水の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。