乾燥肌・かゆみから
石鹸で肌を守る
 乾燥肌・かゆみから
化粧水で肌を守る
 プラセンタで
潤いのある肌になる
     
リペアLP.jpg
⇒エイジングリペア
公式ページへ

顔・肌の乾燥対策で乾燥肌・かゆみを防止するための間違った洗顔とは

顔・肌の乾燥対策で乾燥肌・かゆみを防止するためには
洗顔方法を見直す必要があります。

あなたの今までの洗顔方法や、
顔・肌の乾燥対策で良かれと思って取り入れた方法も
間違っていれば乾燥肌が治るどころか加速するばかり・・・(-_-メ)


ですので、正しい洗顔方法を知ってそれを実践しましょう!
そのためにまずは、してはいけない間違った洗顔方法をお伝えします。

あなたの洗顔方法が当てはまっていないか
チェックしながら見ていってくださいね!



≪間違った洗顔方法≫


1.熱いお湯で洗顔する

 −秋から冬、または春先など寒い日はお湯で洗顔したくなりますよね。
  でも、洗顔方法としては間違っているので要注意。

  熱いお湯で洗顔すると、
  肌を乾燥から守るための皮脂まで洗い流されてしまうので
  余計に乾燥肌になってしまいます。
お湯.jpg
  皮脂は熱で溶けます・・・



2.1日に何度も洗顔する

 −美容・美白を意識して
  1日に何度も洗顔する方がいますが、
  洗顔回数は多ければ良い、
  というわけではありません。

  上記の熱いお湯での洗顔と同じく、
  洗顔回数が多いと
  肌に必要な皮脂まで洗い流されてしまうので、
  肌の乾燥が加速します。

  1日に朝と夜の2回で十分です。
yarisugi.jpg
  たくさんやればいいわけではない!



3.顔をゴシゴシして洗顔する

 −クレンジングや洗顔時に汚れを落とそうと思い、
  ゴシゴシこすりたくなる気持ちはわかりますが、
  これもNG!

  顔の肌は刺激に弱く、
  ゴシゴシこするだけでダメージを受けてしまいます。
  それが乾燥肌やかゆみに繋がりますので要注意。
間違った洗顔.jpg
  ゴシゴシこすっちゃダメ!!



4.洗顔後のすすぎの際にゴシゴシ擦る

 −これもNG。
  洗顔料や泡を落とそうと
  ゴシゴシしてしまう気持ちはわかりますが。

  洗顔料や泡は軽くすすぐだけで
  十分取れるはずです。
  取れないようなら、
  洗顔料を見直した方が良いでしょう。
すすぎゴシゴシ.jpg
  ゴシゴシはダメ!(2回目)



5.タオルで顔を拭くときにゴシゴシ擦る。

 −とにかく、顔をゴシゴシ擦るはホントにNGなんです。
  柔らかいタオルで軽く抑えるようにして
  洗顔後はふき取りましょう。
  
  本当に顔の肌はデリケートですから!
タオル ゴシゴシ.jpg
  ゴシゴシは本当にダメ!(3回目!!)



今のあなたの洗顔方法は上記に当てはまりましたか?

当てはまってしまったなら、
これを機会に洗顔方法を見直しましょう!
次の記事では顔・肌の乾燥対策で乾燥肌・かゆみを防止するための
正しい洗顔方法をお伝えします。

当てはまらなかった方も、
その洗顔方法が正しい洗顔方法かは要チェックです!



>前の記事:顔・肌の乾燥肌・かゆみの原因とは?

>>次の記事:顔・肌の乾燥対策で乾燥肌・かゆみを防止する正しい洗顔方法

>>>当ブログ顔・肌の乾燥対策で乾燥肌・かゆみを防止する方法のTOPへ戻る

洗顔しないスキンケアは肌トラブルの原因に

困った女性.jpg

洗顔方法ややり方を調べると
洗顔は肌に負担がかかるからといって
洗顔をやらないスキンケアや
水洗顔を勧める内容のものがあります。


ですが、私は水洗顔はオススメしません。
特に洗顔をやらないスキンケアは危険。
肌の乾燥が気になるからと言って洗顔しないと
確かに乾燥はしないかもしれませんが
肌に付いた皮脂や汚れはそのままになります。


そうなるとアクネ菌や細菌・ダニなどのエサになるので
それらがどんどん繁殖して
別の肌トラブルを起こすことになります。
ニキビや湿疹を起こしてしまうことが多いですね。



水洗顔に関してはホントに肌が弱い方だけは
朝だけ行うなら対策としては問題ないです。
ただ、寝ている間も汗はかくし、皮脂は分泌されるので
出来れば洗顔料を使って洗顔した方が良いです。



洗顔することで肌が乾燥してしまうなら、
まずは洗顔料や石鹸の見直しと
洗顔方法の見直しを行いましょう。

⇒保湿効果の高いオススメ洗顔石鹸ランキング

⇒肌を乾燥させない正しい洗顔方法


洗顔方法と洗顔料を見直すだけで
乾燥肌対策には十分なります。
私はそれで洗顔直後の肌のツッパリ感も
なくすことができました。

⇒もずの魔法石鹸を使ってみました。


なので、洗顔しないスキンケア方法や
水洗顔で済ますスキンケアにはリスクがあるので
もし実践する場合にはそれをわかった上でやるようにしましょう。



>>>当ブログ顔の乾燥肌・かゆみ・アトピーに対策する方法のTOPへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。