乾燥肌・かゆみから
石鹸で肌を守る
 乾燥肌・かゆみから
化粧水で肌を守る
 プラセンタで
潤いのある肌になる
     
リペアLP.jpg
⇒エイジングリペア
公式ページへ

顔・肌の乾燥・かゆみを防ぐ日焼け止め選びのポイント

前回記事:知っておくべき紫外線対策のための基礎知識では
紫外線の種類と、日焼け止めの紫外線対策の指標をまとめました。

⇒知らなきゃヤバい!紫外線対策の基礎知識


あとは、あなたの状況によって選んでいただくだけなのですが、
日焼け止めには肌にダメージを与えるものも多いので
それも踏まえた選び方のポイントをまとめます。



≪日焼け止めのタイプ≫

吸収剤 拡散剤.jpg


1.紫外線吸収剤

  ⇒紫外線のエネルギーを吸収材が熱などの他のエネルギーに変換させることにより
   肌への紫外線の影響を防ぐタイプのもの。

   これは肌へのダメージが大きく、
   肌荒れや乾燥肌・かゆみの原因になります。

   なので、このタイプは使用しない方がいいです。


2.紫外線散乱剤

  ⇒紫外線を肌表面で乱反射させて逃がすことにより、
   肌への紫外線の影響を防ぐタイプのもの。
   
   吸収材に比べると肌へのダメージは少ないですが、
   長時間使用すると乾燥肌に繋がるので長時間使用は控えましょう。




≪日焼け止めを選ぶポイント≫


1.できる限り紫外線吸収剤不使用のもの(ノンケミカルと表示があるもの)を使う。
ノンケミカル.jpg

2.外に長い時間いる場合はSPF値の高いものを使用しましょう。
  ただ、日常生活ならPA+++を選ばなくてもPA++で十分です。

3.リゾート地など紫外線が強いところに行く際はSPF値が高くPA+++を選ぶ。
  サングラスや日傘も忘れずに!

4.日焼け止めを使用したら、必ずクレンジングで落とすこと。
  洗顔だけだと日焼け止めが肌に残り、乾燥肌・かゆみの原因になります。


基本的に、効果が強いものは肌へのダメージも大きいです。

状況に適したものを選択し、
紫外線からは肌を守り、日焼け止めからはダメージを最小限にしましょう。



>前の記事:知っておくべき紫外線対策のための基礎知識

>>>当ブログ顔・肌の乾燥対策で乾燥肌・かゆみを防止する方法のTOPへ戻る
posted by 平井 菜々美 at 20:51 | Comment(0) | 顔・肌の乾燥・かゆみを防止する紫外線対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

知っておくべき紫外線対策のための基礎知識

前回の記事:顔・肌の乾燥・かゆみに繋がる恐ろしい紫外線
紫外線の悪影響の大きさというのがどれほどのものかわかりました。


そこで、必要となるのが紫外線対策。
ですが、ただ単純に日焼け止めを塗っておけばいいわけではありません。

適当な日焼け止めを使うと、
紫外線対策以前に日焼け止めの影響で
顔・肌の乾燥・かゆみに繋がってしまいますから(>_<)

紫外線にも種類がありますし、
日焼け止めにも用途に合わせた種類がありますから、
まずはそれらを知っておきましょう。



≪肌に影響のある紫外線の種類≫

紫外線.jpg


1.UVA波

  ⇒エネルギーは弱いが、ジワジワ肌の奥に浸透して
   コラーゲンなどへダメージを与えます。

   肌のかゆみ・炎症、シミ、老化などに影響があります。
  

2.UVB波

  ⇒エネルギーが強く、浴びると肌が赤く(日焼け状態)になります。

   エネルギーが強い分、当然UVA波よりも影響が大きく、
   肌のかゆみ・炎症、シミ、老化などに大きな影響があります。


当然ながらどちらも肌へのダメージは間違いなくありますので
この2つの紫外線から防御することが紫外線対策になります。




≪紫外線対策の指標≫

UVA波・UVB波それぞれに紫外線対策の指標があります。
一度は聞いたことがあると思いますが、PA〜とかSPF〜とかいうやつです。

これらの意味をここで整理します。
日焼け止めを選ぶときの基準になりますので覚えちゃいましょう。
SPF.jpg

1.PA値

  ⇒UVA波対策の数値となります。
   人工太陽光線照射し、2〜4時間後に肌がどのくらい黒くなったか示しています。

   PA+ :日常生活の紫外線対策用。UV防御効果アリ。
   PA++ :日常生活や外で活動するとき用。UV防御効果は高い。
   PA+++:外での活動が長いとき用。UV防御効果はかなり高い。



2.SPF値

  ⇒UVB波対策の数値となります。
   人工太陽光線照射を照射して、何も塗らないときと比較して
   どのくらいの時間赤くなるのを防げたか測定した数字のこと。(25分1単位)

   SPF10:効果時間250分(4時間10分)⇒日照時間の一部
   SPF20:効果時間500分(8時間20分)⇒ほぼ日照時間
   SPF50:効果時間1250分(20時間50分)⇒ほぼ1日



以上から、普通の生活をしている分には
PA++、SPF20程度の日焼け止めを使えば
十分に紫外線対策ができます。

日焼け止めによっては
肌に刺激を与えてかゆみや乾燥肌に繋がりますから
無駄に強いものを使うのはやめましょう。


次の記事では日焼け止めなどの
紫外線対策化粧品を選ぶポイントをまとめます。



>前の記事:顔・肌の乾燥・かゆみに繋がる恐ろしい紫外線

>>次の記事:顔・肌の乾燥・かゆみを防ぐ日焼け止め選びのポイント

>>>当ブログ顔・肌の乾燥対策で乾燥肌・かゆみを防止する方法のTOPへ戻る   
posted by 平井 菜々美 at 20:16 | Comment(0) | 顔・肌の乾燥・かゆみを防止する紫外線対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

顔・肌の乾燥・かゆみに繋がる恐ろしい紫外線

さて今回は顔・肌の乾燥・かゆみに繋がる恐ろしい紫外線です。

これからの時期は1年の中でも紫外線の量がピークを迎えますし、
梅雨も明け、海や山など外でのレジャーも増えますから、
しっかりと紫外線対策をし、顔・肌の乾燥・かゆみを防止する必要があります。
紫外線.jpg


まずは、紫外線がなぜ顔・肌の乾燥・かゆみに繋がるのか?というところから。

一番最初の記事:顔・肌の乾燥肌・かゆみの原因とは?でもちょっと触れましたが、
ここではもう少し細かく見ていきます。



≪紫外線の肌への影響≫


1.メラニンの増加!
メラニン.jpg

 ⇒メラニンとは黒色の色素のことで、シミの原因となるものです。

  メラニンの効果は肌や細胞を紫外線から守るというもの。
  そのため、メラニンは肌が紫外線を浴びるときに作られるのです。

  つまり、紫外線とは
  防御するための色素が必要なほどダメージが強いということ。



2.コラーゲンやエラスチンへダメージ!
コラーゲン.jpg

 ⇒コラーゲンは皮膚の組織と組織をつなぐ重要な役割を果たしています。
  エラスチンはそのコラーゲンの補助的な役割です。

  コラーゲンやエラスチンへダメージが加わると
  皮膚の組織と組織がつなげずに離れ離れになってしまいますから
  それがシワや肌荒れを発生させ、肌の乾燥・かゆみの原因になります。
  


3.活性酸素の増加!
活性酸素.jpg

 ⇒活性酸素が増えるとニキビの炎症の悪化や
  肌の老化を加速させてしまいます。
  このことを光老化と言うこともあります。

  さらに紫外線により活性酸素が増えることにより
  肌の免疫力も落ちるので、
  刺激に弱くなったりかゆみに繋がってしまいます。
  


紫外線はこれだけ多くの悪影響を私たちの肌にもたらします・・・
そりゃ、紫外線対策は必要ですよね(^_^;)

顔・肌の乾燥・かゆみの原因としては2・3ではありますが、
紫外線対策をしっかりして、
ついでに将来のシミともサヨナラしちゃいましょう!

次の記事では押さえておくべき紫外線の基礎知識をまとめます。



>前の記事:【目次】顔・肌の乾燥対策で乾燥肌・かゆみを防止する方法

>>次の記事:知っておくべき紫外線対策のための基礎知識

>>>当ブログ顔・肌の乾燥対策で乾燥肌・かゆみを防止する方法のTOPへ戻る
posted by 平井 菜々美 at 18:26 | Comment(0) | 顔・肌の乾燥・かゆみを防止する紫外線対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。