乾燥肌・かゆみから
石鹸で肌を守る
 乾燥肌・かゆみから
化粧水で肌を守る
 プラセンタで
潤いのある肌になる
     
リペアLP.jpg
⇒エイジングリペア
公式ページへ

汗で肌がかゆくなる原因と対策

汗.jpg

自分自身がかいた汗が原因で
肌にかゆみを感じる方もいます。
なぜ汗が原因でかゆみを感じるのでしょうか。


肌は基本的に弱酸性です。
それか崩れると肌にかゆみを感じたり刺激になるのです。
汗をかいて皮脂が肌に付くと
時間とともにその皮脂は空気に触れて酸化します。
すると、弱酸性の肌に対して
そこについた皮脂が酸性となるため
酸性度に差ができて刺激になるのです。




【アルカリ性の洗顔料がさらなるかゆみの原因に】

皮脂や汚れを落とすために
洗顔料やボディーソープは
アルカリ性で作られている商品が多いです。
酸性のものを落とすには
アルカリ性の物の方が効率が良いからです。


ですが、そうすると
弱酸性だった肌はアルカリ性に偏ります。
肌の主な成分はたんぱく質なのですが、
たんぱく質はアルカリにすごく弱いため、
肌がアルカリ性になるとたんぱく質が変質してしまいます。
すると、肌のバリア機能の低下が起きて
乾燥し、かゆみが発生してしまうのです。





【対策には弱酸性の洗顔料やボディソープを使うこと】

汗が原因のかゆみを防ぐには
皮脂を洗って肌を清潔に保った上に
肌を弱酸性のままキープすることです。


それには弱酸性の洗顔料やボディソープを使うこと。
さらに肌に刺激を少なくするために
良く泡立ててから顔や体を洗うようにしましょう。



>>>当ブログ顔の乾燥肌・かゆみ・アトピーに対策する方法のTOPへ戻る
タグ: かゆみ
posted by 平井 菜々美 at 04:11 | Comment(0) | 特注美容ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乾燥肌を防いで若さを維持する3つの習慣

顔の乾燥肌対策に
スキンケアやサプリメントで対応したら
次は体全体の乾燥対策ですね。

⇒顔の乾燥肌を防ぐ正しい洗顔方法

⇒顔の乾燥肌対策にプラセンタが有効


どうしても秋冬は
空気が乾燥するので肌の潤いが無くなり
かゆみが出たり、粉を吹いてしまったり・・・

⇒顔・肌の乾燥肌・かゆみの原因


なので今回は体の乾燥肌・かゆみを防止する
3つの習慣をご紹介します。



【1.ワセリンを使ったボディケア】


空気が乾燥している時期に
炊事や洗濯など水を使った家事や仕事をすると
どうしても手がガサガサになってしまいます。


それを防ぐにはワセリンを塗りましょう!
より効果的に乾燥対策を行うなら、
■手に薄くワセリンを塗って、薄手の綿の手袋をして寝る
■足にたっぷりワセリンを塗って、靴下をはいて寝る

と良いでしょう。



【2.天然素材の服やタオルを選ぶ】


肌のかゆみの原因の1つとして
タオルや衣類の素材からの刺激があります。
特に化学繊維を使ったものや
チクチクする素材を使ったものは避け、
天然素材を使ったものを選びましょう。


特に下着は肌に直接触れるので
綿やシルクを選ぶと良いです。



衣類のゴムなどによる締め付けも
かゆみの原因となることがあるので
寝るときは締め付けられないような服装で寝ましょう。
変に新しいものよりも
ゴムが伸びきったボロボロのスウェットの方がいいんです(笑)



【3.乾燥対策になるビタミンを摂る】


かゆみや乾燥肌を防止するには
体の内側からのケアも大切です。
特にビタミンを摂ることが
乾燥肌を防ぐ
ことに繋がります。


ビタミンそれぞれの効果を見ていくと


・ビタミンA

効果:肌の潤いを維持する
含まれる食材:海藻・にんじん・かぼちゃ・卵


・ビタミンB

効果:肌の乾燥が原因の炎症を抑える
含まれる食材:豚肉・レバー


・ビタミンC

効果:肌のコラーゲン生成を助ける
含まれる食材:果物


さらにビタミンはどれか1つだけではなく
バランスよく摂り入れることで
より吸収が高まり効果が高くなります。



また、吸収できなかった分は
すぐに体の外に排出されてしまうので
一気に取るのではなく、
必要な分をこまめに取ることが大事!




以上が、体の乾燥肌・かゆみを防止する
3つの習慣でした。


簡単に実践できるものばかりです。
たったこれだけで若い肌が維持できるのですから
今すぐ生活に取り入れましょう!



>前の記事:顔・肌の乾燥に効く乾物

>>次の記事:赤ちゃんも乾燥肌になっちゃうんだって!!入浴で!!

>>>当ブログ顔・肌の乾燥対策で乾燥肌・かゆみを防止する方法のTOPへ戻る
posted by 平井 菜々美 at 23:52 | Comment(0) | 特注美容ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤ちゃんも乾燥肌になっちゃうんだって!!入浴で!!

今回は自分の乾燥肌ではなく、
赤ちゃんの乾燥肌についてです。

アメリカの大手総合病院メイヨークリニックのアドバイザーが
赤ちゃんを毎日入浴させたり、入浴頻度が高いと
乾燥肌になってしまうと指摘しています!
赤ちゃん.jpg


メイヨークリニックはアメリカで1,2を争う医療業界トップの総合病院です。
ミネソタ州ロチェスター市に本部があり、
アメリカの歴代大統領や世界のVIP・王族がよく使っていて
世界的に有名なクリニックなんです。
オバマ大統領も絶賛だそう。


で、そのメイヨークリニックは
自身が発行している『A parent’s guide』で、
こう指摘しています。

「赤ちゃんをを毎日入浴させる必要はありません。
 週に数回以上、赤ちゃんを入浴させると、
 赤ちゃんの肌が乾燥しきってしまいますよ。」



でも、毎日入浴させている方からすれば、
「毎日入浴させないとキレイじゃないでしょ!」
という感じですよね!?


それに対し、メイヨークリニックは
「ゲップした直後に汚れた箇所をキレイに拭いたり、
 おむつをすぐ交換したりすれば、
 一番注意を払うべき顔と首とおむつの部分を
 自動的にキレイにしているので
 入浴させて再度きれいにする必要はありません。」
とのこと。


実際に複数の子供を持つ母親にアンケートをとると、
毎日入浴させなくても赤ちゃん独特の良い臭いは失われず、
臭くなったり匂ったりは一度もしなかった、とのこと。


というわけで、
今、赤ちゃんがいらっしゃる方で毎日入浴させている場合は
少し入浴回数を減らしてみてはいかがでしょうか。

その方が赤ちゃんの乾燥肌も防げるし、
あなた自身の子育ての負荷も少しは減らせるので
一石二鳥ですよ!(*^_^*)



>前の記事:乾燥肌を防いで若さを維持する3つの習慣

>>次の記事:乾燥肌対策の効果がある茨城県で製造されたヨーグルト!

>>>当ブログ顔・肌の乾燥対策で乾燥肌・かゆみを防止する方法のTOPへ戻る
posted by 平井 菜々美 at 22:13 | Comment(0) | 特注美容ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乾燥肌対策の効果がある茨城県で製造されたヨーグルト!

肌の乾燥対策に有効な成分が含まれた
あるヨーグルトが注目を集めています。

そのヨーグルトとは・・・

「WaKaSa飲むヨーグルト」
飲むヨーグルト.jpg


JA茨城みずほから販売されているのですが、
これに含まれる乳酸菌「H61株」というのが
アンチエイジングや肌の保湿の効果があるんだそうです。


実際にマウスを使った試験では、
骨密度の減少を抑制したり、脱毛の抑制が確認されています。

人間が使った効果としては
20〜60代の女性39人に試してもらったところ、
50〜60代女性の頬の水分量が増加した結果が出ているし、
他の方からも
「肌の調子が良くなった」
「肌のしっとり感が増した」

という意見が出ていました。


今のところ茨城県でしか買えないことが大変残念ですが
茨城県の方、茨城県に立ち寄ることがある方は
是非試してみてはいかがでしょうか。

私もニュースを見つけただけで実際に試せていないので
飲んだことがある方は乾燥教えてください!(^^)



ちなみに、別の茨城の会社:美野里ふるさと食品公社が同様に研究して
さらに長時間発酵させたヨーグルト「いきいききれいをめざすあなたへ。」を
茨城県以外ではインターネットや東京・銀座で明日から販売するようなので
茨城県に行く機会のない方はコチラを試してみても良いでしょう。


これからの季節、肌の乾燥対策は最重要になってきますので
できるものは摂り入れるようにしましょうね(^_-)-☆



>前の記事:赤ちゃんも乾燥肌になっちゃうんだって!!入浴で!!

>>次の記事:乾燥肌をたった半分食べるだけで防止できる魔法の食材

>>>当ブログ顔・肌の乾燥対策で乾燥肌・かゆみを防止する方法のTOPへ戻る
posted by 平井 菜々美 at 00:00 | Comment(0) | 特注美容ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乾燥肌をたった半分食べるだけで防止できる魔法の食材


その魔法の食材とは・・・「アボガド」です!
アボガド.jpg


アボガドを1日たった半分食べるだけで
乾燥肌に効果があると言われています。


なぜ、アボガドなのか?


それはアボガドには下記2つの素晴らしい物が含まれているからです。


1.リノール酸

<リノール酸はセラミドのを作りお肌の潤いを守る!>


肌の角質層で乾燥を防いでいるのが細胞間脂質で
その主成分がセラミドなのです。

セラミドはコラーゲンと同じく
老化や新陳代謝の低下で減少してしまいます。
 ⇒乾燥肌になる・・・(>_<)


それを防ぐのがアボガドに含まれるリノール酸!

リノール酸はセラミドを生成し、肌を乾燥から守ってくれます。

しかも、1日たった半分で必要量を賄えちゃう♪



2.ビタミンE

<ビタミンEは新陳代謝&皮脂の正常分泌を促す!>


新陳代謝が低下するとコラーゲンやセラミドが減少します。

すると、肌を刺激から守ったり、
肌からの水分蒸発を防ぐ機能が低下するので乾燥肌になります。

ビタミンEには血行を促進して
新陳代謝の低下を防ぐ効果があるので
乾燥肌の防止になるんです。


また、ビタミンEには他にも
皮脂を正常に分泌する効果もあるんです。

皮脂の分泌というと
「ニキビの原因になるんじゃ!?」
と思うかもしれませんが
正常の量なら乾燥肌の防止になります。

それは、
皮脂は肌表面から水分が蒸発するのを守ってくれるから。


おまけに、ビタミンEには抗酸化作用もあり
ストレスなどで活性酸素が発生した際にも
それを取り除く効果もあります。


ビタミンEを摂取することはいいことづくめなんです(^_^)v

これも1日たった半分のアボガドで十分摂取できます。



以上が、アボガドが乾燥肌を治す魔法の食材たる所以です。

是非とも、サラダやスムージーなどでアボガドを取り入れましょう!



>前の記事:乾燥肌対策の効果がある茨城県で製造されたヨーグルト!

>>次の記事:飛行機での乾燥肌に要注意!

>>>当ブログ顔・肌の乾燥対策で乾燥肌・かゆみを防止する方法のTOPへ戻る
posted by 平井 菜々美 at 00:00 | Comment(0) | 特注美容ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。