乾燥肌・かゆみから
石鹸で肌を守る
 乾燥肌・かゆみから
化粧水で肌を守る
 プラセンタで
潤いのある肌になる
     
リペアLP.jpg
⇒エイジングリペア
公式ページへ

乾燥から肌を守るクリーム・乳液の選び方

化粧品.jpg

化粧水や美容液で顔に水分や保湿成分を補給したら
その後はクリームや乳液で
それらを蒸発しないように蓋をする必要があります。


それによって洗顔後だけでなく
長時間潤いのある肌をキープできるので
乾燥もかゆみも防ぐことができます。


そのための選び方をお伝えします。



【1.肌に浸透せず表面で水分を留める保湿成分配合】

クリームや乳液で大切なのは
肌に浸透せず表面で水分を留める保湿成分が
配合されていることです。



具体的には
■セラミド
■リピジュア

などの保湿成分です。


これらによって肌表面に潤いを与えて
長時間の保湿と外部からの刺激から肌を守る効果が期待できます。



【2.肌に刺激のある成分が使われていない】

化粧水など他の化粧品選びでも基本ですが
肌に刺激のある成分はできるだけ避けましょう。

具体的には
■石油系合成界面活性剤
■合成保存料
■パラベン・防腐剤
■香料
■着色料
■鉱物油

などです。


クリームや乳液は
肌を外部の刺激から守ることが大切な効果ですが
刺激のある成分は肌のバリア機能を低下させてしまうので
逆効果になってしまうのです。
注意しましょうね。



【3.不飽和脂肪酸が使われていない】

不飽和脂肪酸は
細胞間にある脂質のバランスを崩してしまうので
肌のバリア機能を低下させてしまいます。

それによってかゆみを感じることがあります。


具体的には
■リノール酸
■オレイン酸

などです。


蓋をするためには油分が必要ですが
不飽和脂肪酸は含まれていないことは確認しましょう。

⇒かゆみを防ぎ長時間潤いを維持するクリーム




以上が乾燥から肌を守るクリーム・乳液の選び方です。
スキンケアの締めまで気を抜かないようにしましょう!




>>>当ブログ顔・肌の乾燥対策で乾燥肌・かゆみを防止する方法のTOPへ戻る
posted by 平井 菜々美 at 00:00 | Comment(0) | クリーム・乳液の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。