乾燥肌・かゆみから
石鹸で肌を守る
 乾燥肌・かゆみから
化粧水で肌を守る
 プラセンタで
潤いのある肌になる
     
リペアLP.jpg
⇒エイジングリペア
公式ページへ

顔アトピーを治すお風呂の入り方

お風呂.jpg

顔や首のアトピーを治すには
お風呂の入り方がとても大切です。
お風呂に入って新陳代謝を高めることで
アトピーの治りを促すことができるからです。



ですが、ただ入るだけではダメ!
刺激に弱いアトピー肌には
普通にお風呂にあるものが刺激になって
かゆみを感じる原因になることがあるからです。


かゆみを防いできれいにアトピーを治すためにも
そんなお風呂の入り方をご紹介します。



【1.シャンプー・リンス・ボディーソープはオーガニック】

シャンプーやリンス・ボディーソープには
通常大量の界面活性剤が使われています。
それが、頭を洗っている時に
顔や首についてしまうと
アトピーの場合には強い刺激となってしまいます。


その後の洗顔で顔や首を洗うとしても
あまりいいものではないので
できるだけオーガニックのものを選ぶようにしましょう。



【2.身体は上から洗う】

最後にシャンプーをすると
シャンプーやリンスが顔や体に残って
かゆみの原因となることがあります。


これを防ぐためには
上から順番に身体を洗うようにすることです。
こうすることで洗い残しをできる限り
防ぐことができますよ。



【3.お湯は必ず脱塩素する】

普通の水道水には
消毒のために塩素が含まれています。
この塩素は肌に刺激を与えて
バリア機能を低下させるので
肌がかゆくなる原因になります。



脱塩素するのはとっても簡単です。
ドラッグストアでビタミンCの粉末を買ってきて
湯船に入れるだけです。
通販でも売っているのですぐに手に入ります。


浄水器をつける手もありますが
お金もかかるし場所も取るので
まずはビタミンC粉末から試してみましょう。
全然肌への刺激が違いますよ。


それが面倒だからといって
シャワーだけで済ませてしまってはダメです。

シャワーだと体が十分に温まらずに
肌の新陳代謝が促されないので
アトピーの治りが遅くなってしまいます。


ゆっくりとお風呂に入って
しっかりと身体を温めることが大切です。




以上が顔アトピーを治すお風呂の入り方です。
特に塩素による刺激は意外と盲点になるので
気を付けてみるとかゆみが全然違いますよ。




>>>当ブログ顔・肌の乾燥対策で乾燥肌・かゆみを防止する方法のTOPへ戻る
posted by 平井 菜々美 at 00:00 | Comment(0) | お風呂の入り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。