乾燥肌・かゆみから
石鹸で肌を守る
 乾燥肌・かゆみから
化粧水で肌を守る
 プラセンタで
潤いのある肌になる
     
リペアLP.jpg
⇒エイジングリペア
公式ページへ

乾燥肌とファンデーションの関係

ファンデーション.jpg

皮膚は全身をおおい、体の内と外を仕切り違う環境を分けています。
皮膚は人の体を構成する器官のひとつで、色々な生理作用をしています。
皮膚(肌)は、皮脂膜と天然保湿因子にセラミド脂質からできています。


これらがバリア(角層)を作って肌の内部の水分の蒸発を防いでいます。
この乾燥を防ぐものに、皮脂線から分泌される油脂状の皮脂があります。
皮脂の分泌量が低下した肌は、皮脂膜も壊してしまい乾燥してしまいます。
乾燥肌とは、角層の水分含有量が低下している肌状態のことなのです。


化粧下地と、ファンデーション(ファンデ)の違いとは何でしょうか?


化粧下地とは、化粧の載りや持続性をよくする化粧品のひとつです。
この肌に下地の処理をすることを、ベースメイクと呼んでいます。


ファンデーションは、シミや小じわや色ムラなどを覆い隠すものです。
肌の色を均一に整肌する、パウダータイプとリキッドタイプがあります。


油性の成分が液状になったものが、リキッドファンデーションです。
しっとり感のある使い心地と、透明感のある仕上がりがあります。
使用後の仕上げに、フェイスパウダーを塗る必要があります。
リキッドタイプはカバー力があり、肌に密着して綺麗な仕上がりです。


乾燥肌の方が好んで使われるのが、リキッドファンデーションです。
それでも乾燥する部分があるならば、その部分にオイルを一滴。


手軽に使用できるのは、軽くさっぱりした使い心地のパウダータイプです。
自然な仕上がりになり、フェイスパウダーを塗る必要はありません。
化粧直しが簡単で、何度かの重ね塗りでカバー力もアップします。


ファンデーションは、伸ばし塗るのではなく叩き込むのが基本です。
使うスポンジは、いつもこまめに洗って綺麗なものを使いましょう。
パウダータイプとリキッドタイプには、使い手の賛否両論があります。



>>>当ブログ顔・肌の乾燥対策で乾燥肌・かゆみを防止する方法のTOPへ戻る
posted by 平井 菜々美 at 07:58 | Comment(0) | 乾燥肌のメイク方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。