乾燥肌・かゆみから
石鹸で肌を守る
 乾燥肌・かゆみから
化粧水で肌を守る
 プラセンタで
潤いのある肌になる
     
リペアLP.jpg
⇒エイジングリペア
公式ページへ

汗で肌がかゆくなる原因と対策

汗.jpg

自分自身がかいた汗が原因で
肌にかゆみを感じる方もいます。
なぜ汗が原因でかゆみを感じるのでしょうか。


肌は基本的に弱酸性です。
それか崩れると肌にかゆみを感じたり刺激になるのです。
汗をかいて皮脂が肌に付くと
時間とともにその皮脂は空気に触れて酸化します。
すると、弱酸性の肌に対して
そこについた皮脂が酸性となるため
酸性度に差ができて刺激になるのです。




【アルカリ性の洗顔料がさらなるかゆみの原因に】

皮脂や汚れを落とすために
洗顔料やボディーソープは
アルカリ性で作られている商品が多いです。
酸性のものを落とすには
アルカリ性の物の方が効率が良いからです。


ですが、そうすると
弱酸性だった肌はアルカリ性に偏ります。
肌の主な成分はたんぱく質なのですが、
たんぱく質はアルカリにすごく弱いため、
肌がアルカリ性になるとたんぱく質が変質してしまいます。
すると、肌のバリア機能の低下が起きて
乾燥し、かゆみが発生してしまうのです。





【対策には弱酸性の洗顔料やボディソープを使うこと】

汗が原因のかゆみを防ぐには
皮脂を洗って肌を清潔に保った上に
肌を弱酸性のままキープすることです。


それには弱酸性の洗顔料やボディソープを使うこと。
さらに肌に刺激を少なくするために
良く泡立ててから顔や体を洗うようにしましょう。



>>>当ブログ顔の乾燥肌・かゆみ・アトピーに対策する方法のTOPへ戻る
タグ: かゆみ
posted by 平井 菜々美 at 04:11 | Comment(0) | 特注美容ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の肌のかゆみ|あせもの原因とは

N695_klumototaiyounohizasi.jpg

夏に起きる肌のかゆみの原因と言えばあせも!
汗をかくと蒸れてできてしまう厄介なものですが、
子供だけでなく最近は大人でもあせもになる人が増加傾向


夏も肌のかゆみから逃れられるよう
あせもの対策もしっかりしておきましょう。
今回はあせもの主な原因です。


あせもは皮膚に赤くて小さいできものができる症状です。
いくつか種類があり赤いあせもは紅色汗疹と言います。
とてもかゆいもので
できると落ち着きがなくなるくらいです。
たくさん汗をかき、
しかも洋服などで肌がむれたときによくおこります。


また、汗の刺激でかゆみが起こった場合もあせもと呼びます。
特に夏によく起こることで有名です。
汗が皮膚の中にたまると、
皮膚の下の汗管という管状の腺から、
じわじわ周りの組織に汗が漏れます。
その影響で炎症が起こったり赤いできものができるのです。


夏にはわきの下や下着で締め付けられたところがかゆくなります。
これもあせもであるといえます。
あせもは赤ちゃんや子供に多いと思われていますが、
最近は高温多湿である気候に加え、
クールビズでエアコンの設定を高くするため、
大人にも増加しています。



また、夏でなくても、
かぜをひいて汗がたくさん出るようなときにもあせもができます。


あせも対策には、
まずはよく風呂に入るなど汗を落とすこと
が必要です。
昔は風呂上りにシッカロールという
てんかふんを子供の頃はつけてもらっていました。
今では汗止めのローションがあるのでつけてみてもよいでしょう。


かゆくなって大変なのが陰部です。
専用の塗り薬もありますが、
なるべく早く皮膚科で診てもらい、
きちんと薬をもらいましょう。


わきの下のかゆみには市販のかゆみ止めをつけるのが一番です。
虫刺されとあせものどちらにも効きます。
体をかくのは良くないです。
雑菌が入り、化膿してしまうからです。


事前にあせもにならないように対策をしておきましょう。



>>>当ブログ顔・肌の乾燥対策で乾燥肌・かゆみを防止する方法のTOPへ戻る
posted by 平井 菜々美 at 12:25 | Comment(0) | あせもと肌のかゆみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

顔アトピーを5つの治す方法!これでかゆみから逃れる!

顔アトピーを治して赤ちゃん肌に!.jpg


顔アトピーの原因がわかったところで
続いては顔アトピーを治す方法をお伝えします。
顔アトピーの原因となる4つのこと

基本的には原因となることを一つずつ取り除いていけばOKですが
ここでは今の症状を抑える方法も交えつつ書いていきます。


【顔アトピーを治す5つの方法】

■合成界面活性剤が含まれる洗顔料・シャンプーは使わない
■バランスの良い食生活
■プラセンタで肌のターンオーバーを促す
■ストレスは溜めない
■肌の消毒・保湿



1つ1つ見ていきましょう。


■合成界面活性剤が含まれる洗顔料・シャンプーは使わない
オーガニック石鹸.jpg

合成界面活性剤には洗浄力が高い・殺菌効果が高い効果があるため
市販されている多くの洗顔料やシャンプーに使われています。
しかしながら刺激が強い上に洗浄力が高すぎて
肌を感想から守るための皮脂まで洗い流してしまい、
肌が乾燥し刺激に弱くなってしまうことがあります。


これは顔アトピーの方には天敵です。
アトピーにより刺激に弱くなっている肌へ刺激するので
症状が悪化してかゆみが酷くなります。


そのため、合成界面活性剤が含まれる洗顔料やシャンプーは使わず
出来るだけオーガニックの石鹸を選んで使いましょう。



アトピーに効く石鹸を実際に使ってレビューしています。
もずの魔法石鹸なら合成界面活性剤も含まれていないし、
肌を刺激から守るバリア膜が作られるので
かゆみを和らげる効果まであります。

アトピーに効く石鹸!もずの魔法石けんを試してみました!



■バランスの良い食生活
バランスの良い和食.jpg

脂質の取りすぎが顔アトピーの原因となるので
当然、資質を抑えた食生活をすることが必要です。


仕事をしながら忙しい生活を送っていると
どうしてもコンビニやファーストフードで済ませてしまいがちですが
しっかりと野菜中心・和食中心のメニューに変えるべき。
これだけで肌の状態はかなりよくなりますし、
体の中もきれいになって疲れも取れやすくなります。


やってみると、何事も体の中からが基本なんだなと
改めて感じることが出来ますよ(^^)



■プラセンタで肌のターンオーバーを促す

プラセンタで肌のターンオーバーを促すことで
アトピーの影響で薄くなってしまった角質層を
厚く取り戻すことができます。

プラセンタ使用体験!かゆみと乾燥が改善しました!


角質層は肌に潤いをキープしたり、
外部からの刺激から守る効果があるので、
取り戻すことができるとかゆみや乾燥が改善します。



■ストレスは溜めない
ストレス発散に海.jpg

ストレスや疲れは自律神経系が不安定にし
肌の状態を悪くするので注意。
ストレス解消法は人それぞれ違うと思いますが、
基本として規則正しい生活と十分な睡眠時間は
しっかり確保するようにしましょう。




■肌の消毒・保湿

顔アトピーの症状が酷く
じゅくじゅくした傷口になってしまっている場合は
まずは傷口の消毒をしましょう。

じゅくじゅくした傷口には
細菌やウイルスなどが繁殖しているので
それらを殺菌することが先決です。

その上で傷口の保護と保湿を。


保湿する際には
●尿素入りのクリームは使用しない
●エタノール・ビタミンCの入った化粧水は使わない

ようにしましょう。
共にアトピーには刺激になってしまうためです。



以上が顔アトピーを4つの治す方法です。
いきなり全てを取り入れる必要はありません。
顔アトピーを治すために1つずつでいいので
確実に前進していくようにしましょうね。



>>>当ブログ顔・肌の乾燥対策で乾燥肌・かゆみを防止する方法のTOPへ戻る
posted by 平井 菜々美 at 00:00 | Comment(0) | アトピーの悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

顔アトピーの原因となる4つのこと

顔アトピーがかゆい.jpg


顔のアトピーは見た目も悪いし、
めちゃくちゃかゆくて非常に厄介なもの。
特に女性はそれを化粧で隠してしまいがちですが
そうするとさらに顔アトピーが悪化する悪循環に陥ります。



当然、隠すだけでは顔のアトピーは治りません。
顔アトピーを治すには原因となることを生活から取り除いて
健康的で清潔な生活をする必要があります。


そこで今回は顔アトピーの原因となる3つのことをお伝えします。
もしあなたの生活で当てはまる項目があったら
1つずつでも良いので改善するようにしましょうね。


【顔アトピーの原因4大要因】

■食生活の乱れ(特に脂質の取りすぎ)
■寝具の汚れ(特に枕)
■化合物や金属が含まれる化粧品の使用
■ストレス



1つ1つ見ていきましょう。


■食生活の乱れ(特に脂質の取りすぎ)
顔アトピーの原因となる脂質が多い食事.jpg

顔アトピーの原因のほとんどが
食生活の乱れによるものです。


特に脂質の取りすぎはNG!
脂質は油が水に浮くのと同じように
体の中で上に上に上がっていき、
体の一番上にある顔や頭皮から排出されます。


すると顔では皮脂が過剰分泌され
非常に衛生状態が悪い状態になります。
これがにきびや吹き出物の原因となり
それが酷くなるとアトピーになるのです。


この状態で最初ににきびや吹き出物ができた時に
対策として刺激の強い洗顔料を使ってしまうと
肌が乾燥する上に刺激が加わるため
よりアトピーになりやすくなってしまいます。注意!



■寝具の汚れ(特に枕)
顔アトピーの原因となる枕の汚れ.jpg

寝ている時に顔が触れる枕。
ここには寝ている時に付く皮脂汚れやダニがいます。
清潔にしておかないと皮脂汚れによるカビや
ダニの死骸や糞などが原因でアレルギー反応を起こし
顔アトピーになってしまうのです。



1日の3分の1〜4分の1は寝ているわけですから、
その時間ずっと顔に不清潔なものが触れていれば
よくないということは想像できますよね。
私はこれを書きながら枕カバーを洗濯しました(笑)



■化合物や金属が含まれる化粧品の使用

もしあなたがアレルギー体質の場合は
化粧品に含まれる化合物や金属でアレルギー反応を起こし
顔アトピーになっている可能性があります。


特に1日中つけているような化粧品は成分を要チェック!
アレルギー反応を起こさない化粧品を選ぶこちが大切です。



■ストレス

ストレスや日々の疲れも
顔アトピーの原因となることがあります。
ストレスが溜まって自律神経系が不安定になると
少しの刺激にも敏感になってしまい
顔アトピーが発症しやすくなるのです。




以上が顔アトピーの原因となる4つのことです。
顔アトピーでお悩みなら生活習慣をチェックして
原因となるものを取り除いてみましょう。



>>次ページ顔アトピーを5つの治す方法!これでかゆみから逃れる!へ進む

>>>当ブログ顔・肌の乾燥対策で乾燥肌・かゆみを防止する方法のTOPへ戻る
posted by 平井 菜々美 at 19:37 | Comment(0) | アトピーの悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旦那・妻がアトピーで辛い。子供に遺伝する?

a0002_004057.jpg

前回の記事で
パートナー(彼氏・彼女・旦那・妻)がアトピーでも
絶対にうつることはありません。と言いました。

彼氏・彼女のアトピーが心配。治せる?うつる?


ただし、子供への遺伝となると話は別です。



【子供へのアトピー遺伝の確率は?】


アトピーは子供へ遺伝します。
ですが、両親ともにアトピーだとしても
その確率は100%ではありません。


■アトピーになるリスク
子供へのアトピー遺伝確率.jpg


表を見ていただければわかりますが、
両親共にアトピーだったとしても
子供への遺伝確率は50-75%です。

逆に両親共にアトピーでなくとも、
10-15%程度はアトピーになる可能性があります。


ちなみに双子の場合は、
遺伝子が同じ一卵性であれば、
片方がアトピーならもう片方もアトピーである確率は77%、
遺伝子が違う二卵性なら
片方がアトピーならもう片方もアトピーである確率は15%、
であると言われています。




【アトピー持ちなら子供を作らない方が良いのか】


これはとても難しい問題です。
もし子供にアトピーが遺伝して
同じような思いをさせるのが辛いと思うかもしれません。


ただ、個人的な意見としては
子供が欲しいなら希望通り作るべきだし、
アトピーはキチンと対策すれば治せるので
その時になったら大変かもしれませんが
子供のためにアトピー対策を徹底すればいいと思います。


人生、子供がいるかいないかで大きく違います。
自分かパートナーがアトピーだったとしても
愛している人との子供は欲しいと思うのが
自然ではないでしょうか。




【旦那や妻がアトピーで子作りできない場合】


子供が欲しいが、
パートナーがアトピーで
それを見るとどうしても子作りできない時は
まず、パートナーのアトピーを治しましょう。


ただその時に、
相手に嫌悪感を抱いてしまう自分を
絶対に責めないでください。


どうしても自分が持っていないものなので
不潔だとか気持ち悪いとか思ってしまうこともあるでしょう。

それは仕方のないことです。
ですが、それで自分を追い込んでストレスを溜めてしまうと
アトピーを治す前に潰れてしまいます。
それは絶対にいけません。


もしかしたら周りから
「早く子供を」って言われてしまうかもしれませんが、
あまり真剣に耳を傾けないようにしましょう。

そういう意見は
「受け止めるけど受け入れない」
というのがポイントです。




【旦那や妻、子供のアトピーを治すには】


アトピーとそのかゆみの原因は主に
■食品によるアレルギー反応
■ダニやハウスダスト・ペット・花粉などの外の環境
■乾燥を促進したり、刺激のある石鹸やシャンプー
■ストレス

です。


アレルギー反応を起こす原因は
個人個人違うのでそこは病院で検査をしてください。


その上で、

■食品によるアレルギー反応、なら
アレルギーの原因となる食品を使わない料理をし、
さらに添加物や保存料、精製された調味料を使うのを避け、
余計なものを身体に入れないようにしましょう。


■ダニやハウスダスト・ペット・花粉などの外の環境、なら
徹底的な掃除と、寝具を清潔に保ち、
できれば空気清浄器などで空気をキレイにしましょう。


■乾燥を促進したり、刺激のある石鹸やシャンプー、なら
市販のボディーソープやシャンプーは
防腐剤や保存料などで刺激が強く、肌も乾燥しやすいので
無添加で刺激のない石鹸を使うようにしましょう。

アトピーに効く石鹸!もずの魔法石けんを試してみました!


■ストレス、なら
とにかく好きなことをやってストレス解消しましょう。
かゆみが酷くストレスが溜まるなら、
その気だけでもステロイドを使いましょう。
容量を守ればステロイドは絶対悪ではありません。




自分自身がアトピーでなくとも
愛する旦那や妻がアトピーで悩んでいる方はとても多いです。

ですが、一番大事なのはその悩みに
潰されてしまわないようにするためです。
あまり自分を責めすぎないようにしましょう。



>>>当ブログ顔・肌の乾燥対策で乾燥肌・かゆみを防止する方法のTOPへ戻る
posted by 平井 菜々美 at 23:13 | Comment(0) | アトピーの悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする